あ シリーズ(リスト)

あ1
イマイヌ/「キコリの妻/王様の牢屋」  280円 

あ2
犬風/短編映画「チョコレートリヴァ-」

オリジナルサウンドトラック  380円

あ3
イマイヌ/「奴はボクの友達だった/ボクを野放しにしよう」      280円

あ4
犬風/「イヌデモイヌカゼ」   480円

あ5
LOI/short movie「chocolate river」originalsoundtrack    380円 残2

あ6
犬風+GLOPTIN/「バヂーヤリマショウ」       480円

あ7
犬風/「アルマジロの背中でフォークダンス」  380円

あ8
イマイヌ/「風が強い日/つるつるの壺」  280円

あ9
アオゾラパニック「素晴らしき人生」  380円

 

あ シリーズ(詳細)

あ1
イマイヌ/「キコリの妻/王様の牢屋」  280円 

 

*キコリレコードの第一弾。社長犬風と経理いまいによるユニット。手探りと暴走、すべての始まり。まさかこんなに続くとは・・。tradとエディット・ピアフのカバー2曲。録音と表紙モデルは川崎王禅寺の変人、flange house の小松くにお氏。

(2002年)

あ2
犬風/短編映画「チョコレートリヴァ-」

オリジナルサウンドトラック  380円

 

*チカーノアルマジーロ(=犬風)監督による短編無声映画のライブサントラ。高円寺ボントワレの上映会での録音。上映のたびに、別な人が音効をやるという趣旨の上映会でしたがその第一弾。残念ながら映画本編はVTR散逸の為、幻ですが、音だけ聞いても特有の奇妙なブルースアルバムになっています。

あ3
イマイヌ/「奴はボクの友達だった/ボクを野放しにしよう」      280円

 

*イマイヌ暴走第2弾。両面ディランのカバー。両面自前一発録音(多重は前作でこりて・・・) A面、バイオリンでアオゾラパニック(石山あやや)参加。B面は今はなき高円寺ボントワレにて録音。

あ4
犬風/「イヌデモイヌカゼ」   480円

 

*1996~1997 犬風活動開始時のデモテープを復刻。インスト、うたもの、ブル~ス、叫び・・・犬風のもついろんな要素がすでにつまってます。人気曲 つながるロウソク 収録。

あ5
LOI/short movie「chocolate river」originalsoundtrack    380円

 

*あ2と同様、ライブサントラ。こちらは上映第2弾で当時 vegapop、現 東京ピカデリーのLOIによる。場所も同じ高円寺ボントワレにて録音。テーマ曲が聴きものか・・?

あ6
犬風+GLOPTIN/「バヂーヤリマショウ」

 

*liveシリーズ第一弾。犬風による爆音の鎮魂歌。後半はドラムと発振器にgloptin(小松くにお氏)を迎えて。

あ7
犬風/「アルマジロの背中でフォークダンス」  380円

 

 

*スタジオ録音ミニアルバム。全てアルマジロに関するアコースティックブルース・・・?ゲストギター 川村啓(アパラチア)笑うに笑えないラジオドラマ入り・・。

あ8
イマイヌ/「風が強い日/つるつるの壺」  280円

 

 

*イマイヌ暴走第三弾。今回は日本のロックのカバー2曲。喉元過ぎれば暑さ忘れる・・とばかりの多重録音。おまえらは高校生か・・・?

あ9
アオゾラパニック「素晴らしき人生」

 

*アオゾラパニックこと、石山あやや(かつてvegapop,アパラチア、地獄の犬Sなどで極太ベース担当)の、唄を聴かせる作品。ライブの数が少なく、この作品も余り紹介する機会は少ないのですが、初期のキコリを代表する作品であり、スタッフ一同思い入れの強い作品です。録音担当:宇宙ダコ、演奏ゲスト:犬風、川村啓、さくまみか、nori,経理いまい。副題はsoul the friendry aozorapanicバーズのカバーが秀逸。